ニューヨーク観光net Top >  ニューヨークエリアガイド >  マンハッタン・アップタウン

マンハッタン・アップタウン

マンハッタンの59ストリートより北側をアップタウンといい、全体的には住宅街の多いエリアです。マンハッタンのオアシスとも形容される巨大なセントラルパークを中心にして、アッパーイースト、アッパーウエスト、アッパーマンハッタンという3つのエリアに更に分かれます。このエリアは広大で、すべてを徒歩ではとても巡れないので、地下鉄やバス、タクシーを乗り分けての移動がお勧めです。

アッパーイーストには、メトロポリタンやグッゲンハイム、ホイットニーなどの世界的に有名な美術館やニューヨーク市立博物館などが密集しています。アッパーイースト北部一帯はかなり昔からの超高級住宅街ですが、高級ホテルも点在しています。また、中部エリアには中流家庭の人々が暮らす静かなヨークヴィルがあり、南部エリアには高級ブランドブティックの立ち並ぶマジソン街があります。

アッパーウエストは近年開発が進む住宅街ですが、かのジョンレノンも住んでいたことでも知られるダコダ・アパートのような高級アパートが点在し、アメリカ自然博物館やオペラやバレエ、シンフォニーなどの一流公演で有名なリンカーンセンターなどの文化的施設が点在しています。西端のハドソン川まで行けば、自然豊かなリバーサイド・ドライブ&パークという遊歩道があります。

セントラルパークの北側には、アッパーマンハッタンというエリアが広がりますが、こちらの方はアップタウンとは対照的に治安の面では多少不安のあるところも部分的に残るエリアです。ハーレムと呼ばれるニューヨーク最大の黒人居住区には、ブラックミュージックの殿堂アポロシアターやニューヨーク最古のジャズクラブであるコットンクラブなどもあります。またこのエリアには、プエルトリコ系の人々が住むスパニッシュハーレムもありますが、全体的にはかなり安全に楽しめる観光スポットになってきました。

ニューヨークエリアガイド

ニューヨーク市は5つの区からなりますが、ニューヨーク区のある南北に細長いマンハッタン島が大都会の中心で、5番街を中心にして東をイーストサイド、西をウエストサイドと分け、北からアップタウン、ミッドタウン、ダウンタウンと3つのエリアに分けられます。マンハッタン以外には、自然の豊かな住宅街となっているブルックリン、クィーンズ、ブロンクス、スタッテン島の4つの区があります。

関連エントリー