ニューヨーク観光net Top >  ニューヨーク観光ガイド >  ショッピング・ガイド

ショッピング・ガイド

ニューヨークはショッピング天国とも言われ、マンハッタンにはお店が星の数ほどあります。高級ブランド品ショッピングでは世界中に名の知られたティファニーのある5番街やマジソン街が有名ですし、洒落たファッションやスノッブなものならソーホーでしょう。また個性的なものやアンティックなら古着の宝庫とも言われるビレッジ、ニューヨークっ子に今一番注目されているファッションならリトルイタリーの北にあるノリータ、アート関係やインテリアならチェルシーやグラマシーなどと、目的によりエリアも別れていてバラエティー豊かにショッピングが楽しめます。

ブティックや専門ショップは通りに面した路面店ばかりではなく、ショップが一堂に集まった市内に点在するモールにも数多くあります。また、老舗のメーシーズやブルーミングデールズ、セレブご用達のサックスフィフスアベニューなど、様々なジャンルの商品を一箇所で見られるデパートの数も世界最多を誇っていますから、ある程度は綿密に計画を立てた上で巡らないととても回りきれません。

ブランド品については気になる人も多いでしょうが、コーチやラルフローレン、DKNY、ブルックスブラザースなどのニューヨークブランドものは、日本よりもずっと品数が多い上に確実に安く手に入ります。またヨーロッパブランドについても、ニューヨークで買うほうが最新ラインを手に入れやすいですし大抵は日本よりも安く手に入ります。

ニューヨークでは、市税と州税を合わせた消費税は8.375%で、レストランでの食事や商品購入の際にはこの税が上乗せされますが、2006年4月より衣類や靴については一つにつき110ドルまでのものなら免税となりました。また、ニューヨークでのバーゲン時期は年2回、6月頃と11月のサンクスギビングから1月までです。サンクスギビングからクリスマスまでは一般のセールですが、クリスマス以降は日を追って値引率が高くなり、年明け以降は大幅な割引となりますから、バーゲンセールが目当ての場合にはこの時期が狙い目です。

ニューヨークでの買物で注意する必要があるのは、99セントショップという100円ショップのような店がいくつかありますが、日本のショップとは違いあまりまともな商品はありません。最初から不良品だったりすぐ壊れたりするようなガラクタ商品が殆どで、お土産品を物色する人もいるようですが、ニューヨークっ子にはあまり評判はよくないようです。冷やかしはともかくとして、ギャクとしての購入以外はあまりお勧めしません。

また、タイムズスクエア周辺にはカメラやコンピュータ、電化製品などの店が集まっていますが、これらの店は観光客相手のボッタクリ商売をする所が多く、偽物詐欺に会う場合もありますから冷やかすのもやめておくのが賢明です。安売りをウリにしているお店で安心なのは、ドラッグストアの「CVS」や「エカード」「ドゥアンリード」などで、薬やケアグッズなども安く手に入りますし、キャンディやチョコ、小物などお土産にも適したものが安く手に入りますから、散策の折にでも覗いて見ましょう。

ニューヨーク観光ガイド

ニューヨークは様々なエンターテイメントの都とも言われ、ブロードウェイのミュージカルはじめ、ジャズやクラシックの分野でも質の高い音楽が楽しめますし、スポーツの分野でもベースボールを始めとしたプロスポーツが盛んです。また、世界の民族が集まっていることから、様々な食がいろんなスタイルで楽しめますし、ショッピング天国といわれるとおり、星の数ほどあるショップやデパートで好みの買物が楽しめます。

関連エントリー